Inspur Japanが「一緒に、さらに先へ」パートナー新年会を開催

現地時間の1月15日午後、Inspur Japan駐在員事務所と現地パートナーは、東京で「Together、Goさらに」という新年会を共同で開催しました。このイベントには、SBI、みずほ、バイドゥジャパン、セグエグループ、サードウェイブ、Tik-Tok Japanを含む100近くの有名な現地代理店が集まり、新年のお祝いに参加し、日本でのInspur製品の開発経路を探りました。
イベントでは、Inspurグループのバイスプレジデントであり、海外事業本部のゼネラルマネジャーであるYang Jun氏が、参加パートナーに最初に感謝と挨拶を述べました。ヤンジュンは、Inspurのブランドと産業の地位は近年改善を続けており、サーバーの販売と出荷は中国で1位、世界で3位、世界最速の成長率であり、海外事業は成長し続けていると述べました2019年は、日中関係の改善と発展の年です。 Inspurの日本市場での長期的な栽培は、アフターセールスや技術サポートを含むあらゆる面でますます完全なものになるでしょう。パートナーと一緒に成長し、日本市場を共に開き、Inspurブランドを地元市場でより大きく、より強くしたいと考えています。
Inspur Japanの代表であるWang Yuanyao氏は、2019年は日本におけるInspurの発展にとって重要な転換期であると述べました。 Inspurチームとパートナーは勇気を持って前進し、並外れた結果を達成しました。 Inspur製品は世界の技術トレンドをリードしており、AIやエッジコンピューティングなどの分野で進歩がありました。同時に、Inspurは業界で最も完全な製品ラインを提供して、スマートコンピューティングの実行を支援できます。日本におけるInspurの目標は、業界のリーダーシップを達成することです。 2019年に築かれた強固な基盤は、2020年に大きな利益をもたらします。
Inspur Information Overseas Promotion DepartmentのエンジニアであるYang Qiangは、人工知能とInspurのソリューションと製品の開発動向と課題を紹介しました。 2020年は、日本のAI戦略の実施の第2段階の始まりです。 AIテクノロジーは、従来の産業をさらに変革し、形を変えます。同時に、AIも一連の課題に直面しています。 Inspurは、トレーニングから推論まで、チップから完全な機械や管理プラットフォームまでのフルスタックの人工知能ソリューションを顧客に提供し、顧客のAIアプリケーションの開発と管理プロセスを簡素化し、顧客の人工知能アプリケーションシナリオの実現を加速します。次に、NF5488M5製品を例に取り、人工知能コンピューティングの分野におけるInspurの業界リーダーシップを紹介しました。
Inspurのローカル顧客であるSegue Co.、Ltd.、SB Cloud Co.、Ltd.、およびNVIDIA Japanは、Inspur製品の使用経験を次々に共有しました。これは、Inspurの日本市場への影響を大きく高め、Inspurが日本人を深く育てる基盤を築いた2020年の市場。